査定金額にどうして差があるのか

ダイヤモンドは、プラチナ等のように、常に相場が決まっている品ではなく、証券取引所等で取引されていない品のため、常に決まった金額、相場が発表される事はありません。

ですが、プラチナ等と同様に世界中で常に買い取られている品なので、そこには相場は存在します。

買い取り業者は、この相場を基準に買い取りを行っていますが、相場があるはずなのに、買い取り業者によって査定金額が異なる事があります。

その理由は大きく分けて三つに分かれます。

まず一つ目に、ダイヤモンドは、プラチナ等より、鑑定するのに専門的な知識が必要な品です。

査定を行う人の実力によって、評価がまちまちになり、経験豊富で自分の力量に自信がある人は、強気な金額を提示する可能性があります。

また、経験の少ない人は、弱気になり、査定金額を安く提示する傾向にあるようです。

この事から、一般的には、専門の詳しい鑑定士のいる専門店は相場が高くなる傾向があります。

二つ目は、基本的な買い取りレートの設定は、会社のスタンスにより異なります。

よって、競争相手の少ない会社は、相場は安くなり、その逆は、相場が高くなる傾向になります。

三つ目は、ダイヤモンドの流通ルートは会社によって異なり、より高く売れるためのノウハウを持っている会社は高く買い取る事が出来ます。